vラインにシェーバーを使って脱毛する時のテクニック

“vラインを綺麗にしたい時、手軽に行えるのがシェーバーを使う方法です。ある程度力を均一にしてくれて、一時的にですが綺麗にできる状態を作れるようになります。しかしテクニックがなければ、全体的に綺麗になりません。使っていくタイプも大事ですが、使っていく時のポイントを抑えておきましょう。

vラインにシェーバーを利用するためには小さいタイプを

vラインの脱毛を行っていく場合には、刃の部分が広くなっているものよりも、細かいところまで脱毛できるタイプのシェーバーを利用してください。小さいほうが入りやすい部分も多くなりますし、その上でゆっくりと脱毛が行えるようになります。特に毛の量が多くなっている人の場合、広範囲を一気に綺麗にしたいと思っているかもしれませんが、ゆっくりと脱毛していくほうが効果的です。

綺麗にするためには、小さいヘッドを動かしながら、毛の流れに沿って脱毛をしていく形になります。vラインは意外と毛の流れが作りやすくなっているので、その流れに沿ってしっかりと使っていけば、コンパクトなヘッドがしっかりと毛を処理してくれるので、綺麗にできるのです。

毛を濡らすなどして均一な状況を作っておこう

2つ目に大事なポイントは、毛の流れをしっかりと作り出して、vラインにシェーバーが入りやすい状況を作る方法です。入らないようになってしまうと、毛が皮膚に引っかかるような感じとなり、シェーバーを使っている時にかなり辛い痛みが出てしまいます。毛を濡らすようにして、均一な状態を作り出しておくと楽になります。

均一な流れになっていると、シェーバーの向きも決めやすくなり、横から狙っていくとか、斜めにシェーバーを構えるような状況が起こらなくなります。ある程度狙いやすくなっている流れにしておくと、本当に変わってくる部分が生まれます。先に毛を濡らしておき、剃りたいと思っているところがシェーバーを入れやすくしていると、とても使いやすくなります。

逆剃りを避けるようにして流れに沿ってゆっくりと

逆剃りを行うと、皮膚と毛の境目がわかりづらくなると言われます。しかしvラインの脱毛をしていく時に、どうしても逆効果となる場合があり、特に皮膚を傷つけてしまう問題があります。逆剃りは、ある程度小さい毛にならないと使えない方法ですから、長い状態で逆向きに使っていくような状況を作らないようにしてください。

また早く動かしてしまうと、残ってしまう部分が多くなります。vラインはかなり毛が濃くなっている場合もありますが、ゆっくりと動かすようにして、シェーバーでしっかりと剃るようにします。動かす早さがあまりにも早いと、残されている部分が大量にできて、何度もシェーバーを動かすこととなります。vラインはゆっくりと処理してください。

シェーバーの種類とテクニックで無理なく綺麗に

シェーバーは小さいものを使ったほうが、付け根の部分を綺麗にしやすいメリットを持っています。またゆっくりと動かしていくことで、剃り残しを減らせる良さもありますから、あまりにも早く動かすようなことはしないでください。テクニックを身につければ、一気にvラインも綺麗にできる状況を作れるようになります。”